2018年07月30日

某国の火器 小銃2 etc



小銃の話です。

1番はじめの写真はAASAMの写真ですね。AASAMはオーストリア陸軍主催の射撃競技会です。

AASAMに出場する隊員は選考と選抜によって選ばれています。基本的に運動と射撃をフル装備でやりますので、体力と射撃技術が必要になります。

脚を取っ払ってますね。脚は銃を置く以外には使ったことないのと、重いので、激動後の射撃向きですね。

某国は専守防衛の観点から、防御戦術ばかり考えていたのでフロントを重くする傾向にあります。

脚も掩体(えんたい)からの射撃に適しています。

64式小銃も小銃というか機関銃みたいな感じの銃ですから、そんな感じです。

89式はよく当たるみたいな話ありますが、銃身長は42センチメートルあるので、16インチぐらいあります。SS109の様な弾丸には適してる銃身長じゃないですかね。ライフリングも17.8センチメートルで1回転です。

銃床も固定なら、左右非対称にしなければもっと良かったです。ハイダーもフラッシュハイダーというよりマズルブレーキみたいな感じですしね。

ちょっと、癖というか特徴的なハイダーですよね。これも反動を軽減して、精度を良くしていると言われています。






話は変わりまして、小銃から脚を取っ払ってる場合があります。

これは、斥候や偵察する際に音を出したくないからとする理由や中央即応連隊(中即連)みたいに統制で取っ払ってる場合があります。

余談ですが、偵察の人たちは音を出すのを好みません。銃から脚を取る以外にも、装具を見ると私物のチェストリグ使ってる例があります。あれも官品だと音がすることや持って行くもの多い人たちなので、官品では対応できなくなってる為に使っている。官品はY字サスペンダーなので、重量が増すとかなりきつくなります。そういった観点からそのような装備を使うのでしょう。

官品装備はまじで、つかえ…。

大抵の場合、私物装備は隊員の自費で購入してるらしいです。なので、私物でも違うのを使ってる場合があります。



最後に蛇足になりますが、装弾不良の原因の1つに弾倉側の不良があります。スプリングやリップのところの変形によっても装弾不良は起きます。

装弾不良=銃の問題じゃないってことですね。

なんかの動画で滅茶苦茶、詰まってる動画あったんですけど、多分あれ弾倉じゃないかと思います。

なにが言いたいかというと89式はまともな銃ってことですね!

ちょっと年数使いすぎかなって感じありますけど、次期小銃に期待です!





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。