2018年08月03日

某国のモーター



トミーテックさんのリトルアーモリー製品の中にもあります、L16 81mm迫撃砲(81迫または軽迫)です。

この迫撃砲は、某国でも採用されています。

普通科中隊の火力と言えば、こいつです。

連隊とかだと重迫(120mm)ですね。あとは特科火力(FH70など)。

81迫は、気合い入れても入れなくても運べるやつです。

こんな記事書いていてあれなんですが、迫撃砲は専門外で、多少知ってるぐらいですかね。すみません。


軽迫撃砲は、分隊、FO(前進観測)、FDC(射撃指揮所)の連携がないと運用できません。

迫撃砲はゲームみたいに、ひとりでは運用はできません。チームプレーが重要な武器です。


FOが目標の座標や距離などをFDCに伝え、計算した目標の情報を元に分隊が合わせて、射撃動作を行い、弾着や効果をFOが確認して、再びFDCに送って、修正を行い、分隊に伝えます。

なんか面倒くさいですよね。そんなことを実際にやってる訳ですから、すごいですよね。

簡単に、言うとFOが目で、FDCが脳、分隊が手足のようなものですね。


弾も、色々あります。

榴弾(瞬発、時限、遅延)
発煙弾
照明弾

だったかな?すみません。

榴弾で、瞬発とかなんだよって思う方いらっしゃると思うのですが、信管を変えることで地面に弾着した瞬間に爆発したり、時限的に空中炸裂させたり、すぐ爆発させずに、建物などをぶち抜いて爆発させたりなど色々できます。

場合によって使い分けてます。


あと、目標に合わせて装薬を増やしたり、減らしたりして距離を合わせています。



これは多分、フル装薬ですね。

リング状のものがそれです。


こんなところですかね。皆さんの参考になれば幸いです。





Posted by じろー at 20:27│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。